選考までまるわかり!就活体験記【理系編】③

ノックオフィスご利用ガイド 新規会員登録 会員ログイン

コラム一覧

writer

選考までまるわかり!就活体験記【理系編】③

こんにちは、ペッパーです!

今回は株式会社成城石井の選考を受けた時の体験について紹介します。

 

(株)成城石井について

成城石井は最近、関東を中心として店舗を増やしているスーパーマーケットです。

皆さんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

ですが、他のスーパーマーケットや高級スーパーマーケットと同列に考えて選考に進もうとすると的外れは答えばかりしてしまうことになるので注意が必要です。

ちなみに成城石井の大株主は現在ローソンです。

 

成城石井をよく知るために

企業研究

断然インターンシップがオススメ

成城石井のインターンシップはプログラムが2種類あり、それはバイヤー編とエリアマネージャー編という2職種について知ることができるプログラムです。

 

インターンシップ参加のためのエントリーシートも書くことは少なく、成城石井にもつイメージを書くだけでした。

また、プログラムは2種類ともに応募できます。そして、2種類ともに参加した日と限定のインターンシップも2種類案内されました。そちらは接客編とリクルーターをまじえてのお酒を飲みながらの交流というものがありました。

 

インターンシップでは成城石井らしさやこだわりを9時~18時までみっちりグループワークを行いながら本社にて教えてもらいました。ちなみに昼食は成城石井のこだわりのお弁当が出されました。

 

実際に店舗を見て回るのもオススメ

大型店、路面店、駅ナカ店、商業ビル店、ワインバー、グロサリーといった店舗の形が様々あるため実際に自分が消費者として複数店舗を回り、実際に成城石井の商品に触れてみることをオススメします。

成城石井はオリジナル商品も多数取り揃えているため、オリジナル商品と一般の商品との比較やなぜオリジナル商品ばかりを置かないのかについても考えてみると良いと思います。

 

そして上記したグロサリーという新業態は成城石井も力を入れている事業のため、なぜ始めたかを調べるとよいと思います。ちなみにグロサリーとはスーパーマーケットとレストランが合わさった店で、レストランで食べて気に行った食材をその場で買って帰り家でも同じ料理を作れることを売りにした店のことです。

 

成城石井の社風

分かった

挑戦する企業

これから全国展開や新業態の成功を目指し売上も伸ばしている成長企業のため、挑戦する姿勢は強く感じました。

 

店舗重視型

出世して本社配属になったとしても店舗の繁忙期(イベントのある時など)には店舗の一従業員として店舗の営業を手伝うそうです。

アルバイトを育てる環境も充実していて、アルバイトのための本社研修もあるそうです。勤続年数がとても長いパートさんもいると聞きました。

 

こだわり

高級スーパーと呼ばれることや、同列に扱われることを嫌っています。それというのは、成城石井は商品の値段をただ高くしているわけではなく、良い品質の商品を仕入れると自ずとコストも上がるという考えで、適正価格で販売するという目標があるからです。

そのため、賞味期限切れが近いもの以外の値引きも基本的にはしません。また、品質の良い価格の高い物ばかりでなく、一般のスーパーマーケットにも売られている商品も販売しています。それぞれのお客様の求める品質の商品が全て揃うようなスーパーマーケットを目指しているようです。

 

食品メーカーから小売りまでの業務を一手に行っているというのも特徴で、そのため人気あるこだわりのオリジナル商品を多数販売しています。

 

また、接客にも大変力を入れていて、ファイブスターコンテストという社内の接客を競い合う大会というのも行われています。

 

福利厚生

福利厚生は産休、育休、育児勤務時間短縮、介護休暇、看護休暇、特別休暇、キャリアエントリー制度、社員割引制度、独身寮、共済会、リロクラブがあります。

 

成城石井の選考

私の場合は選考説明会参加後、エントリーシート提出と適性検査があり、それを通過すると店舗見学レポートの作成があり、一次面接(リクルーター面接)、店舗管理や接客についてのお題に対しての自分なりの考えのプレゼンレポートの作成、二次面接(役員面接)、リクルーター面談、三次面接(社長面接)と進みました。しかし、社長面接前に選考を辞退したためそこまでの話に限ります。

 

一次面接

リクルーターの方と一対一でエントリーシート、店舗見学レポートを中心に質問をされます。ここでは、自分の長所と短所、自己PR、志望動機、店舗見学をして気付いたこと(大型店一店とその他の店舗一店舗以上の見学)、成城石井のビジネススタイルへの理解(好きな成城石井の商品のエピソードをまじえて話すとよい)を質問されました。

 

二次面接

二次面接前にプレゼンレポートを作成し、二次面接で座りながらのプレゼンをしました。この面接では役員二人相手にプレゼンをします。自分なりの理屈の通った課題解決が提示できていれば良いと思われました。また、一次面接と同じような内容を質問されました。あと、あなたの人生で一番大事にしている考え方も聞かれました。成城石井の好きな商品を一つ上げてなぜ好きなのか、成城石井のこだわりを理解しているか聞かれました。ここで今後のキャリアの説明もされました。

 

リクルーター面談

二次面接通過後のリクルーター面談ではこの後最終面接に進む意志がどの程度あるか確認され、最終面接の対策のお話もされました。ここで私は他の企業の面接を待っていると伝え、一週間待ってもらった後選考を辞退しました。

 

最終面接

最終面接では自己PR、志望動機、成城石井のビジネススタイルへの理解、社長への質問を聞かれるようです。

 

 

面接や提出物が複数あるため一貫した考えを持ち続けることを重視してください。

 

健闘を祈ります!

 

 

 

↓ノックオフィス公式ツイッターはこちら!

ペッパー

ペッパーです。 MARCH理系の学部に通い農学系の研究をしています。内定先は製剤メーカーの工場です。就活では食品業界を中心にインターンシップを26社回りました。そのため、インターンシップの経験を書きたいと思います。

合わせて読みたい記事