サービス一時停止のお知らせ

採用現場の本音のマナー 女性のスーツ、スカートorパンツ⁉

こんにちは、鈴木あきこです。

人材サービスの営業や企業の採用サポートなど、人事担当者と一緒に仕事をする中で感じた、採用現場での「本音のマナー」をご紹介していきたいと思います。

 

今回は、「女性のスーツ、スカートとパンツとどっちがいい?」問題について。

結論から言うと、「どっちでもいい!」んですが、マナー本などのマニュアルでは「業界・企業・職種による」という、皆さんを迷わせる一言が後ろに続いていることが多いですよね。

ここを詳しく考えてみましょう。

 


女性のファッションの「常識」を知っておこう


まず前提として、女性のファッションの歴史的に見ても、パンツよりスカートの方がフォーマル度は高く、就活スタイルとしてもスタンダードであると言えます。

しかし、社会における男女の差が小さくなるに従って、女性のパンツスタイルも一般的になりました。

一度、朝の通勤電車や日中のオフィス街などで、社会人の女性を観察してみてください。

制服がある場合は別ですが、スカートの人もパンツの人も様々だと思います。

 

それを踏まえて、「業界・企業・職種による」を読み解いてみましょう。

 


スカートが好まれやすいケース


一般的に「堅め」の業界・企業・職種では、スカートの方が好印象と見られる傾向があるようです。

「堅め」というのは具体的にはどういうことでしょうか?

一例を挙げてみます。

●お金を扱う仕事
(銀行、証券会社など)

●高級感を大切にする仕事
(ホテル、旅館、百貨店など)

●国家公務員

●上記に該当する企業、個人を顧客とする仕事
(経営者向けの営業職など)

 

顧客や一緒に仕事をする人から、信頼感、きちんとした人だという印象を持ってもらうことが大切な仕事(他の仕事でももちろん大切なことですが、特に)では、服装でマイナスな印象を持たれないようにすることが大切です。

パンツスーツが絶対NGという訳ではありませんが、「多くの人に悪印象を与えないのはどのようなスタイルか?」を考えて着こなすとよいでしょう。

 


パンツが好まれやすいケース


一方で、パンツスーツが与えるアクティブで元気な印象が好まれる場合もあります。

例えば、以下のようなものです。

●工場や工事現場など、危険を伴う場所での仕事、およびそこで働く人を顧客とする仕事
(研究職、製造職、営業職など)

●たくさん歩いたり身体を使ったりする仕事、立ち仕事
(営業職、介護職など)

 

元気さ、若さ、アクティブさ、フットワークの軽さなどを演出したい時は、パンツスーツは便利です。

ちなみに、私も食品メーカーの研究職を受けた時はほとんどパンツスーツを着用しました。

もちろん、着こなし方によってスカートでも同様の印象を与えることはできますし、スカートがダメという訳では決してありません。

 


相手に与える印象を考えるのは大切だけど…


さて、業界・企業・職種に応じたスーツスタイルの選び方を考えてきましたが、これはあくまでも「多くの場合、見る人にこういう印象を与えやすいですよ」という原則で、基本的にはスカートでもパンツでもどっちでもいいのです。

なぜなら、選考では見た目の印象だけでなく、話す内容、話し方、立ち居振る舞い、表情などを総合的に見て判断するからです。

 

そこで、相手に与える印象だけでなく、ぜひ着心地のよさも考慮して選んでみてはいかがでしょうか。

体型などのコンプレックスを気にせずに、自信を持って着られるかどうか。

天候や前後のスケジュールにマッチしているのはどんな着こなしか。

例えば、アクティブに見せたくてパンツスーツを着ても、脚のラインが気になってもじもじしてしまったら、アクティブな印象は与えにくいですよね。

 

採用選考では、自信をもって振る舞えて、伝えたいことを伝えられて、実力を発揮できることが一番大切です。

スーツの印象を味方につけて、あなたらしく選考に臨んでください!