面接でやっていい一発芸とやってはいけない一発芸について

まあね!今回はね!面接でやっていい一発芸とやってはいけない一発芸ということでやらせてもらってるんですけどね。

まず基本的なところから確認いたしましょう。
 
 
面接で一発芸をしてはいけません。

 
 

今、「うっっっそでしょ!?」となったあなた!良かったですね!この記事読んで良かったですね!!!( ‘∞’)今日はもうそれだけ覚えて帰ってくれりゃいいから!にいちゃんよかったな!今夜は就職祝いや!

 
 
 
 
 
 
 
 

違うよ!

 
 

全然違うよ!
面接は一発芸を披露する場所では、ないんだよ!

 
 

どうしてこんな当たり前のことを何度も繰り返してるかって、これは他人事ではないからです。

 
 
 

それは、某私が某クレディスイス証券の某一次面接の時のことでした。

 
 

なぜか感極まった某私は「こち亀」の話をしたんですね。

 
 

当時の僕にタイムマシンで会いに行ってこち亀一冊につき1発の割合で殴りたいと、今でも思います。
 
 

書いている今も思い出したら顔を覆って部屋の隅にうずくまりたくなります。

 
 

だから、あなたには、そんな想いをして欲しくない。

 
 
 

どうだい?

人ごとでよかっただろう?

 
 
 

さて、それではこの記事を読んでこち亀の話をやめた賢明な諸君は一体なんの話をするといいのでしょうね。

 
 

一体面接ではあなたの何を図っているのでしょう?

 
 

正解をこっそり教えて上げましょう。

 
 

それは……

「おっさんとの談笑力」です。

 
 

英語で言うところの。

 
 

談笑パワー with the おっさんs

 
 

なんです。

 
 

えっ!談笑パワー with the おっさんsってなに!?と思ったあなた。

 
 

やだわ!いけない!
そんなことでは面接でおっさんのハートを射抜くのは難しいじゃない!

 
 
 

それでは突然ですが次の5つの話題をおっさんとの談笑で出して良いか、アリ、かナシかに分けてみましょう!ヒアウィーゴー!

 
 

・出身地の名産品

・星野源の新曲

・テレ東の深夜アニメ

・にちゃんまとめサイト

・マニアックな戦国時代の城

 
 

ちょっと簡単すぎましたかね!( ^ω^ )

 
 

正解は…

アリ:

・出身地の名産品

・マニアックな戦国時代の城

ナシ:

・テレ東の深夜アニメ

・にちゃんまとめサイト

・星野源の新曲

です!

 
 
 

そう。

答えは簡単なの。

おっさんの得意領域に飛び込むこと。

これだ!

 
 

おっさんの好む話題についていければ、面接、恐るるに足らず!

 
 

なぜって社会人になって学生時代と一番違うのは、相手の「おっさんぷり」なんですね。

※あなたが評価を勝ち得なければいけないのはこう言う感じの人

学生時代に大学で権力を握っていたのがせいぜい4年生だとすると、社会人はそれが一気に50代まで上がります。

 
 

相手にしなくてはならないおっさんが父親レベルまで跳ね上がるのです。

 
 

するとおっさんを喜ばせられるか、顕著な個人差が出てきます。

 
 

日頃おっさんとの会話が足りておっさん化炭素を吸ってる人は格段に上手いのですが、日常的におっさんとのトークが欠乏しているおっさん化炭素不足の人はもう目も当てられないほど下手!( ⁰▱⁰ )

 
 

おっさん化炭素はおっさんとの会話でしか摂取することができない貴重な栄養素。

 
 

でも今おっさん化炭素が足りないあなたも、あきらめなくって大丈夫。

 
 

おっさん化炭素はおっさんからいくらでも摂取することが可能なのですから。

 
 

ポイントは身内以外のおっさんと食事することです。

 
 

OB訪問で上目を狙うのもいいですし、ゼミの飲み会もいいですね。友達のお父さんとかならアレンジも簡単ですし優しいので初めはおすすめです(友達のお父さんも嬉しい!)

 
 

目の前のおっさんを大好きな彼女(彼氏)のお父さんだと思って話を弾ませるよう頑張ってみてください。

 
 

おっさん化炭素を十分に摂取したあなたなら大丈夫。

 
 

おっさんとの、おっさんのための、おっさん喜ばせるトーク力が、あなたには備わっています。

 
 

面接が終わって席を立つ時、おっさんとのOB訪問がアレンジできた時、おっさんはあなたの味方になってくれることでしょう。

 
 

これが面接で必要とされる一発芸の力だったのです。

 
 

面接における笑いで唯一評価されるのは、「君、若いのによく知ってんねえ(ニヤリ)」のこと。

他の笑いはどんなに面白くてもダメ!それでウケてしまっても相手はなんかヤバい奴来てたね、てなって実際バツ食らってっからね!

 
 

(例外:エンタメ系の業種なら何か鉄板ネタが一つあると良いかもしれませんね。僕の友達のTくやくん(仮名)はふっくらぽっちゃりしていましてね。太ったブルゾンちえみ、という感じなのですがピアノがめちゃうまい、という特徴だけでFジテレビの6次面接までそれ一本で進んでいました。立派な快挙である。「僕デブなのにピアノでイギリスに招待されたんですよぉ」と言われると親近感が湧き上がるのだ)

 
 

面接の後の方で登場する偉いおっさん達はある意味若い新卒社員などと同じ話題で盛り上がれることはないだろうと半ば諦めているものだから。(注:本当はおっさんだって若い者と一緒に盛り上がりたい)

 
 

かと言っておっさんから若い者へ歩み寄ることはもう難しいのです。

 
 

だから共通の話題として会社の過去の話とか、仕事の話にならざるを得ないのであるが、そこに新入社員から、(大丈夫です。僕、あなたの話わかりますよ)と飛び込んできてくれたらどう!?

 
 

わお!この子、いいね!

ってなります!٩( ‘ω’ )و

 
 

だからゴルフをする人、カラオケで演歌が歌えちゃう人、司馬遼太郎とか読んだ人、上手い食い物の話ができる人は気に入られちゃうのである。

 
 

だから、ね。

もうおっさんを話のわからない怖い人、と思うのはやめてほしい。
 
 

おっさんだって、昔は若かった。

おっさんだって、グミとか食べる。

おっさんだって。

人間なんだ。
 
 
 

はい、と言うわけで面接に備えておっさんの趣味嗜好を知っておくといいよ!と言うお話でした!

※なお、偉い男性ほど得てして女性にはすべからく優しい。が、評価は別。シビア!

 
 

次回は「最終回!びっくりするくらい大切なこと」の巻。楽しみに待っててくれよな!\\\\٩( ‘ω’ )و ////