イベントカレンダーで就活講座や各種イベント情報が確認できます!

「あなたはどんな人が苦手ですか?」の質問意図はコレ!(合格返答の必須知識)

跳び箱イメージ

就職人気ランキング1位~200位の企業、業界トップクラスの企業、地元の有力企業、受験倍率が10倍から300倍程度の人気企業の面接対策として、頻出重要質問「あなたはどんな人が苦手ですか?」の質問意図を解説します。

この質問は、保険、銀行、商社、百貨店、航空、旅行、人材、および接客系の職種でよく出題されます。質問意図をきちんと理解した返答をしないと合格は難しいです。以下の解説を参考にして(質問意図を満たした)合格返答ができるようにしておきましょう。すると、面接での着実な得点源となります。

面接頻出質問:あなたはどんな人が苦手ですか?

まずは、答えてみてください。

「はい、・・・・・・・・・・・・・・・・・です」

質問意図の解説

質問意図は、苦手克服の努力をする人かのチェックです。

合格返答のコツ

高評価を得るには、苦手克服の努力を積み重ねて成果をあげたエピソードを述べることが大切です。

努力とは、

 
①自分なりの工夫を重ねる。

②書籍で学ぶ。

③先輩や上司から学ぶ。

④研修を受ける。
 

などがあります。

 

注意

苦手な人を苦手なままにしておくのはNGです。評価は大幅に下がります。社会人になると、社内の上司や同僚、部下はもちろん、取引先や顧客など大勢の人とかかわることになります。人間関係は、自分の好き嫌いで選ぶことができません。仕事ですから、たとえ苦手なタイプでも何年、何十年と付き合う必要があり、「疎遠になっていいや」というわけにはいきません。

深堀質問の紹介と対策

上記の質問には以下の深堀質問が来ることがあります。
 
・「苦手を克服する努力をしていますか?
 
上記の質問意図を理解し、返答を準備しておけば、こういった深堀質問がきても全く問題ありません。自信を持って「合格返答」をすることができます。

類似質問の紹介と対策

以下の類似質問も頻出です。

 
・「もしも苦手なタイプの人がお客様だったらどうしますか?」

・「もしも苦手なタイプの人が上司だったらどうしますか?」

・「人間関係で悩んだり、困ったりしたことはありますか?」
 

これらの質問意図と合格返答のコツは上記の解説と同じです。

同様の返答内容にすれば合格評価が得られます。

 

内定者の例

内定者(損害保険)の回答例 

苦手克服の努力をした話が高評価でした。私が面接官に述べたことは、

「メニューにはない無理な注文や強引なクレームをしてくるお客様です。先輩の対応の仕方を研究したり、店長に然るべき対応の仕方を教わったり、従業員向けの接客研修にも参加させてもらったりしました。そして、言葉一つで相手の気持ちを変える方法などを学びました」。

 

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。