サービス一時停止のお知らせ

「得意な科目は何ですか?」の質問意図はコレ!(合格返答の必須知識)

科目のイメージ

就職人気ランキング1位~200位の企業、業界トップクラスの企業、地元の有力企業、受験倍率が10倍から300倍程度の人気企業の面接対策として、頻出重要質問「得意な科目は何ですか?」の質問意図を解説します。

人気企業の面接試験では、質問意図をきちんと理解した返答をしないと合格は難しいです。以下の解説を参考にして(質問意図を満たした)合格返答ができるようにしておきましょう。すると、面接での得点源となり、この質問がきたら「やった!」という大変前向きな気持ちになれます!

面接頻出質問:得意な科目は何ですか?

 

まずは、答えてみてください。

「はい、・・・・・・です」

質問意図の解説

質問意図は二つあります。

・一つ目は、高い学習能力があるかのチェック。

・二つ目は、志望企業の仕事に役立つ能力や知識、経験、あるいは、困難なことに対する取り組み方を培っているかのチェック。

合格返答のコツ

・質問意図の一つ目を満たす

→その科目で高い成績を取得したことを述べる

 
・質問意図の2つ目を満たす

→仕事に役立つ能力や知識、経験を得たことを述べる
 
 
これが無い場合は、

勉強の仕方などにおける努力の仕方を述べて、仕事でも同様に努力すると述べる
 

注意

成績は全てが最高評価でなくても全く問題ないです。たとえ成績が良くなくても萎縮してはダメです。在学中に受講した科目の中で好成績を取得した科目が一つでもあれば大丈夫です。上記の合格返答のコツで示した返答内容にすれば必ず高評価を得られます。堂々と受け答えしてください。

深堀質問の紹介と対策

上記の質問には以下の深堀質問が来ることがあります。

・「得たことはなんですか」

・「当社の仕事に役立ちますか」

上記の質問意図を理解し、返答を準備しておけば、こういった深堀質問がきても全く問題ありません。自信を持って「合格返答」をすることができます。

類似質問の紹介と対策

以下の類似質問も頻出です。

・「学業で力を入れたことは何ですか?」

・「大学の成績はどうですか?」

・「満足できる学生生活を送ることができましたか?」

これらの質問意図と合格返答のコツは上記の解説と同じです。

同様の返答内容にすれば合格評価が得られます。
 
 

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。