サービス一時停止のお知らせ

「最近、関心のあるニュースは何ですか?」の質問意図はコレ!(合格返答の必須知識)

情報収集のイメージ

就職人気ランキング1位~200位の企業、業界トップクラスの企業、地元の有力企業、受験倍率が10倍から300倍程度の人気企業の面接対策として、頻出重要質問「集団の中であなたはどんな役割ですか?」の質問意図を解説します。

この質問は、あらゆる業界で頻出ですが、商社、テレビ、広告、出版、新聞、映画、音楽、IT、コンサル、金融では特に多いです。以下の解説を参考にして(質問意図を満たした)合格返答ができるようにしておきましょう。すると、面接での着実な得点源となります。

面接頻出質問:最近、関心のあるニュースは何ですか?

 

まずは、答えてみてください。

「はい、・・・・・・です」

質問意図の解説

質問意図は2つあります。

一つは志望度のチェック。

もう一つは情報収集力のチェックです。

合格返答のコツ

日ごろから複数のニュースソースに目を配り、志望企業に関連するものを熟読しましょう。ニュース(記事)はスクラップ(またはスクリーンショット)して、何度も読み返し、自分の意見も考えておけば、記憶に定着して面接でスラスラ話せます。なお、志望企業に関連するニュースは、面接官も関心を持つ事なので面接での会話が弾みます。

注意
この質問に対して、趣味や娯楽、スポーツ、社会情勢一般のことを返答すると、心が当社に向かっておらず、本気で志望していない人と判断されてしまい、かつ、情報収集力が低く、ビジネスチャンスを逃してしまう人に思われてしまいます。

深堀質問の紹介と対策

上記の質問には以下の深堀質問が来ることがあります。

・「それは、当社の今後の仕事(ビジネスチャンス)にどう影響しますか?

上記の質問意図を理解し、返答を準備しておけば、こういった深堀質問がきても全く問題ありません。自信を持って「合格返答」をすることができます。

類似質問の紹介と対策

以下の類似質問も頻出です。

 

・「当社に関することで気になるニュースは何ですか?」

・「最近、気になった新聞記事は何ですか?」

 

これらの質問意図と合格返答のコツは上記の解説と同じです。

同様の返答内容にすれば合格評価が得られます。

内定者の例

内定者(広告会社)の回答例 

私は、広告会社、テレビ局、出版社、商社を受けましたが、関心のあるニュースについての質問はとても多かったです。1つではなく、3つも畳みかけて聞いてくる面接が何人もいましたので3つくらい準備しておくとよいと思います。

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。