イベントカレンダーで就活講座や各種イベント情報が確認できます!

マスコミ業界の志望者へ「受験注意点+高評価の企業研究+面接頻出質問!」

マスコミ

今回のコラムは、マスコミ業界を受験する際の注意点、選考試験にトップクラスの評価で受かるための方法、およびマスコミ業界特有の頻出質問を紹介します。

マスコミ業界受験の注意点

マスコミ業界の採用試験では、仕事のアイディア(企画案)を問う質問が多いです。アイディアが豊富かを試すために3つ程度、イッキに述べさせる面接官もいます。また、最近の時事問題、社会問題、企画案のネタになるようなニュースを問う質問も多いです。世の中の動きにしっかりアンテナを張って、日頃から仕事のアイディアを考える習慣をつけておくとよいです。コラムの後半で、マスコミ業界の頻出質問を紹介します。これを読むと、マスコミ業界で求められる能力・知識、および、受かるために準備すべきことがわかります。

足を使った研究

マスコミ業界の研究においては、各社が主催するイベントやフェア、見学会、ギャラリーなどに参加するとよいです。現場の担当者と話もできます。これらの情報は、いずれも志望企業のWEBサイトに出ています。こまめにチェックするとよいです。

テレビ

□番組観覧に参加 (各社ともWEBサイトで募集している)

□放送局の見学 (各社ともWEBサイトで募集している)

・NHKスタジオパーク見学

・テレビ朝日 本社館内見学

□自分が担当したい番組で紹介されていた場所に行って検証する

※ギャラクシー賞(4部門:テレビ、ラジオ、CM、報道活動)の受賞作品の研究も大変お勧めです。詳細は、ギャラクシー賞WEBサイトをご覧ください。

広告

□アド・ミュージアム東京(電通)の見学

出版

□出版社主催のギャラリーの見学

・集英社ギャラリー

・ギンザ・グラフィック・ギャラリー (大日本印刷)

□図書館で自分が作りたい分野の作品を一気に閲覧

新聞

□社内見学 (各社ともWEBサイトで募集をしている)

マスコミ業界のエントリーシート、面接の頻出質問

以下の頻出質問の準備をしておきましょう。本番の面接試験で落ち着いて答えられるようになります。

 

  1. やってみたい仕事のアイディアを具体的に述べてください

                                 です。

 

  1. あなたが実現したい夢を聞かせてください。

                                 です。

 

  1. この業界はこれからどうなると思いますか?

                                 です。

 

  1. クリエイティビティとは何かわかりやすく答えてください。

                                 です。

 

  1. 最近、気になったニュースを3つ挙げてください。

                                 です。

 

  1. 最近のこの業界の動きで注目していることは何ですか?

                                 です。

 

  1. インターネットがあなたの生活にもたらした影響は? 

                                 です。

 

  1. 当社の仕事をする上で、大変なことは何ですか? 

                                 です。

 

  1. 自分が行動を起こして、まわりが変わったことはありますか?

                                 です。

 

  1. 自分にキャッチコピーをつけてPRしてください。

                                 です。

 

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。