「リーダーシップを発揮した経験はありますか?」の質問意図はコレ!(合格返答の必須知識)

チームワークイメージ

就職人気ランキング1位~200位の企業、業界トップクラスの企業、地元の有力企業、受験倍率が10倍から300倍程度の人気企業の面接対策として、頻出重要質問「リーダーシップを発揮した経験はありますか?」の質問意図を解説します。

人気企業の面接試験では、質問意図をきちんと理解した返答をしないと合格は難しいです。以下の解説を参考にして(質問意図を満たした)合格返答ができるようにしておきましょう。すると、面接での得点源となり、この質問がきたら「やった!」という大変前向きな気持ちになれます!

面接頻出質問:リーダーシップを発揮した経験はありますか?

 

まずは、答えてみてください。

「はい、・・・・・・です」

質問意図の解説

質問意図は、所属した組織の発展・利益のために、人を巻き込んで貢献する力があるかのチェックです。

合格返答のコツ

リーダーシップ発揮の事例を述べる際、組織での役職は代表などのリーダーポジションでなくても全く問題ないです。渉外や会計、企画、主務、その他の地味な役職でも、責任を持って取り組み、自ら主導して組織にプラスの影響を与え、貢献をしていれば高評価されます。

注意

学生が考えるリーダーシップの在り方と社会人が考えるリーダーシップの在り方は異なっていることが多いです。よって、ぜひともオススメしたいのは、業界研究セミナーや合同会社説明会、インターンシップやOB訪問等で社員に会った時にリーダーシップについて質問し学習することです。たとえば、「御社の仕事において、リーダーシップはどんな業務にどう発揮されるべきものか、教えて頂けますでしょうか?」と聞いてみましょう。すると、自分自身の体験のどんな場面をリーダーシップ発揮の事例として話すと高評価が得られるかが分かります。

深堀質問の紹介と対策

上記の質問には以下の深堀質問が来ることがあります。

・「どんな困難があり、どう乗り越えましたか?」

・「どんな努力をして、結果はどうでしたか?」

上記の質問意図を理解し、返答を準備しておけば、こういった深堀質問がきても全く問題ありません。自信を持って「合格返答」をすることができます。

類似質問の紹介と対策

以下の類似質問も頻出です。
 

・「あなたにとってのリーダーシップとは?」

・「リーダーにとって必要なことは?」

・「周りに働きかけて影響を与えたことはありますか?」

・「周りを巻き込んで何かを実行したことはありますか?」

 

これらの質問意図と合格返答のコツは上記の解説と同じです。

同様の返答内容にすれば合格評価が得られます。
 
 

内定者の例

内定者(人材系企業)のリーダーシップ発揮経験の回答例 

塾講師のアルバイト先で、生徒指導の技量向上のため、他の講師達に働きかけて、自主的な研修会や勉強会の企画を毎月考えて実行しました。これにより、生徒達は、地域の校舎で1番の成績を獲得することができました。


 
今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。