イベントカレンダーで就活講座や各種イベント情報が確認できます!

保険業界の志望者へ「受験注意点+高評価の企業研究+面接頻出質問!」

保険イメージ

今回のコラムは、化粧品業界を受験する際の注意点、選考試験にトップクラスの評価で受かるための方法、および保険業界特有の頻出質問を紹介します。

保険業界受験の注意点

保険は、損害保険、生命保険、国内系、外資系、ネット系など様々なタイプがあります。仕事内容は企業や職種によって大きく異なるので、最初は幅広く受けて、徐々に絞り込んでいくとよいです。採用試験では、仕事の理解とコミュニケーション力、ストレス耐性が重視される傾向が高いです。

足を使った研究

保険業界の研究においては、志望企業のその競合各社の営業店の比較研究を行うと、面接の返答内容に説得力が生まれ、内定が取れるようになります。以下、コツを説明します。

店舗の比較研究

これらを全部行う必要はありません。1つ、2つ実行しただけでもライバルに圧倒的な差をつけられます。

ポイント

1.ライバル社比較

→同じエリアにある競合各社の店舗を比較
 
2.エリア比較

→都心店と郊外店など異なるエリアで比較
 
3.店舗・ネット比較

→同じ銀行の同じ商品を店舗とネットで比較

 

保険業界のエントリーシート、面接の頻出質問

面接本番前に挑戦し、返答を練っておきましょう。

これらは集団討論試験のテーマになることも多いです。

 

  1. 組織における、あなたの役割は?

                                 です。

 

  1. 人と意見がぶつかった時どうしますか? 

                                 です。

 

  1. 苦手なタイプはどんな人?どうやって対応しますか?

                                 です。

 

  1. 小学校から大学まで、あなたの性格はどう変化しましたか?

                                 です。

 

  1. 両親には何を言われて育ちましたか?

                                 です。

 

  1. あなたにとって親友の定義は? 

                                 です。

 

  1. あなたは親友からどんな人と言われていますか?

                                 です。

 

  1. 自分で目標を立てて、計画的に取り組んだ経験はありますか?

                                 です。

 

  1. 挫折経験はありますか? どう乗り越えましたか?

                                 です。

 

  1. どんな時にストレスを感じますか。どうやって乗り越えますか?

                                 です。

 

頻出質問をチェックすると、①組織での対人コミュニケーション、②小学校から大学までの自分や人間関係、に関する質問が多いです。面接前にしっかり考えておきましょう。

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。