サービス一時停止のお知らせ

業界研究セミナーや合説で有利になれる。早期内定が取れる“心掛け”!

就職コンサルタントの坂本直文です。 

業界研究セミナーや合同会社説明会(合説)などに参加した際、たんに説明を聞いて帰るだけでは、その他、大勢の中から抜け出すことは難しいです。

 

しかし、以下の5つの心掛けを実行すると、早期内定が取れるチャンスが大幅に増します。(就職試験で圧倒的に有利になります)。どれも難しいことではありません。楽しみながら実行してください。 

 

早期内定が取れる5つの“心掛け”

 

1.社員の氏名をメモする

説明をしてくださった社員、案内(誘導)をしてくださった社員の指名は必ずその場でメモして覚えましょう。すると、説明終了後に質問しやすくなります。また、後日、面接等で再会した際にキチンと挨拶をすることができます。

 

2.仕事内容をメモする  

企業研究用のノートを持参し、説明してくださった仕事内容をメモしましょう。特に以下の5点は重要です。これらを志望理由の根拠とすると最高評価が得られます。 

・一日の仕事の具体的な中身、スケジュール 

・仕事の達成目標 

・求められる仕事能力、知識、心掛け、資格 

・将来の経営計画

・同業他社の仕事との違い

 

3.説明をしてくださった人事社員に質問する

説明の中で、より詳しく聞いておきたいことは、必ず質問しましょう。特に上記の5点に関して、深く掘り下げて聞いておくと、高評価を得られる志望理由や自己PRを作成できるようになります。なお、社員と話をしておくことによって、後日の面接で緊張しないようになります。顔見知りになると、目が合った時に励ましの言葉をかけてくれたりすることもあります。  

 

4.志望企業と志望でない企業を交互にまわる

業界研究セミナーや合同会社説明会は、志望業界以外の情報を入手して、視野を広げる大チャンスです。そこで、志望企業と志望でない企業を交互にまわることをお勧めします。様々な業界・企業に詳しくなることにより、志望企業の特徴が明確化します。また、予期せぬ魅力的な企業を発見することができたりします。

 

5.終了間際に再訪問(=志望度の高い企業は2度訪問) 

一般的に、中盤以降は来る学生よりも帰る学生のほうが多くなり、終了間際になるとピークよりは学生の数はだいぶ減っているものです。そこで、志望度の高い企業は、2度目の訪問をしましょう。1度目は慌しくて聞き逃したことも、2度目はしっかり聞けて、メモもたくさん取れます。そして、社員に再び質問すれば、あなたの存在を非常に強く印象に残すことができます。 

 

 

 

以上、5つの心掛けについて説明しました。緊張するのは最初だけです。すぐに慣れます。ですから、積極的に実行してみてください。必ずうまくいきます。成果も表れます。就職活動がとっても楽しくなってきますよ。

 

 

今回のコラムはいかがでしたでしょうか。お時間がある時に感想をお送り頂けたら幸いです。今後の執筆内容の指針にします。あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。

 

 

 

 

↓ノックオフィス公式ツイッターはこちら!