サービス一時停止のお知らせ

就活成功のリズムができるPDCAサイクル 

就職コンサルタントの坂本直文です。 

“PDCAサイクル”とは何か知っていますか? そして、就活で実行していますか?

重要なのは、言葉を知っていることではなく、これを実行しているかどうかです。興味深いことに、内定者の多くは、知らず知らずのうちにPDCAサイクルを実行していることが多いです。

 


内定者の特徴。“PDCAサイクル”を実行している


PDCAサイクルとは

仕事に対する取り組みを合理的に行い、効率的かつ継続的にレベルアップを図る手法です。汎用性が広く、勉強や就職活動にも活用されています。

 

ステップ1.Plan (計画)

→従来の実績や将来の予測などをもとにして計画を作成する

ステップ2.Do (実行)

→計画に沿って実行する

ステップ3.Check (点検・評価)

→計画に沿って実行できているかを点検し、評価する

ステップ4.Act (改善)

→計画に沿っていない部分を改善する

 

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を順次行い、1周したら、最後のActを新たなPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように継続的にレベルアップしていきます。

 

三菱商事内定者Mさんによる“PDCAサイクル”で一番重要なこと  

就職活動を成功させるには、やるべきことが沢山あります。私はそれぞれ穴があくことがないように計画を立てました。とりわけ注力したのは、

・SPIの勉強計画

・エントリーシート作成計画

・OB訪問計画

3つです。各計画をノートに書き出して、それぞれPDCAサイクルを回しました。

 

PDCAサイクルを行う上で一番重要なこと

一番重要なのは、最初の計画を具体的に立てることです。理由ですが、計画が漠然としていたら、その後のサイクルを緻密に行えなくなりますから。 

 

さて、

計画を具体的に立てるとは、以下の①②③の要素をきちんと考えて設定することです。

①何を

②どのくらい

③いつまでにやる必要があるか

 

たとえば、OB訪問計画でしたら、

①第一志望企業の社員へのOB訪問を、

②3人(第一希望の部署、第二希望の部署、第三希望の部署の社員1名ずつ合計3人) 

③○月○日までに実行する

と計画を具体的に立てて、PDCAサイクルを回しました。

皆さまもPDCAサイクルを取り入れてみてください。実行すれば必ず効果があります。

 

 

今回のコラムのアドバイスを実行したらどんな成果が得られたか、ぜひ報告してください。

あなたからのメール(メッセージ)を楽しみに待っております。